2007年05月13日

ティアナ・ランスターの異常な日常〜ショートショート劇場@

 画面いっぱいに広がる色とりどりの弾幕。大玉、小玉、炎に氷。弾幕の列は時には交差し、時には離れ、円を描き、直線を走り、幾何学的な図形を描いたかと思うと突如として無秩序に乱れる。さりとてその美しさは少しも失われることはなかった。だから、なのはさんには静かにしているように言われていたのに、思わず口に出してしまっていた。


「綺麗ですねぇ、このゲーム」


 しまった、と素早く口を塞ぐが時既に遅し。覆水盆に返らず、こぼれた乳は嘆いても無駄だ。誰の乳がこぼれるほど無いだと? 今言った奴出て来い! などと現実逃避してもしょうがないので恐る恐る横に目をやると……良かった、怒ってない。


「そんなにビクビクしないでもいいよ? 少し声を出した程度でミスるほど鈍ってないしね」


 と、こちらを一瞥もせずに我らが麗しき教導官殿はおっしゃった。なんで見もせずにわかるんだろうと首をひねると、


「なんとなくかな。気配って言うの? 最近読めるようになってきたんだよね〜。最初はお兄ちゃんがやってるのを見て、そんな人間離れしたことできるはずない。って思ってたんだけどねぇ」


 案外出来るもんなんだねぇ。ま、もともと魔導師ってのは外界の変化には敏感なもんなんだけどね? などと呟きつつもモニターから目を離さないなのはさん。改めて自らの上官とその兄、恭也さんの戦闘民族っぷりを再認識したあと、私も同様にモニターに目を移す。なかなか感じの良いBGMを耳で楽しみ、なのはさんの危なげない操作を見ながら、ふと気になったことを訊いてみる。


「そういえば、このゲームってなのはさんの故郷のやつですか? 音楽とか使われてる言葉がここいらじゃ見ないものですけど」

「うん、そうだよ。今度新作が出るって言うからね、少し勘を取り戻しておこうと思って同じシリーズのを改めてプレイしてるんだよ。っとぉ、うん。やっぱ杞憂だったみたい」

「どうしたんですか?」

「どうも前やったときより動体視力が上がったみたいでね、記録更新できそうなんだ」


 へぇ、と相槌を打ちながら姿勢を正そうとして、…………失敗した。いや、狙ったわけじゃないんですよ? ね、落ち着いてくださいなのはさん、真っ暗になった画面って凝視すると目に悪いらしいですよ? あと前髪で目元隠すのもなんかこわいですよ?


「レイジングハート」
(『Sir,yes,sir!』)

「ティアナ・ランスター二等陸士!」

「は、はい!」

「これより緊急訓練を行います! 内容は簡単、60秒間わたしの弾幕を避けつづけること。なお……」


 がしゃり、と展開音。噴き出す蒸気が頬を打つ。


「わたしは最初からクライマックスで八分咲きどころか満開だよ?」
(『Do you maggots understand that?』)


 満面の笑みを浮かべたなのはさんに、あたしはこの世にはどうしようもない絶望があるということを知った。



  〜○〜



 廊下を歩いていたら、エリオに話しかけられた。ところどころ土に汚れている様子から見るに、どうやらあたしと同様、先ほどまでフェイト隊長のしごきを受けていたようだ。まぁ、あたしと違って命の危機を感じるほどの訓練ではないだろう。フェイト隊長はこんな子供に地獄を見せるような外道ではないし、と思っていたら……


「リアナさん……」

「なぁに? エリオ。あとリアナじゃなくてティアナ」

「これは失礼しました。ところで……この世の理とはすなわち速さだと思いませんか?」


 前言撤回、大分精神の方にキていたようです。


「僕は思うんです。物事を早く成し遂げればその分時間が有効につかえます。遅いことなら誰でも出来る! 20年かければ馬鹿でも傑作小説が書ける! 有能なのは月刊漫画家より週刊漫画家! 週刊よりも日刊です! つまり「脚部限定! ラァディカル グッド スピィィィィィイイドォ!!」ゲフゥッ」

 なにやら叫びながら突っ込んできたスバルにはねられて、エリオの長広舌が途切れる。正直助かった。あたしにはあのマシンガントークをどうこうする術はなかったのだから。感謝の声をかけようとスバルの方を向くと


「遅すぎです」

「僕が遅い? 僕がスロウリィ!?」

「うん」

「冗談じゃねえええええええッッ!!」


 あぁ、最早何も言うまい 語るべき言葉ここにあらず 話すべき相手ここにおらず
 変わり果てた同僚たちに背を向け、自室へと向かう。ああ、人って簡単に遠くに行ってしまうものなんですね。み○りさん。


「これが本当の私! キャロ・ル・ルシエ 設定年齢19歳 蟹座のB型ッ!」

「「美……美形だ!!」」

「キャロまで何やってんのおおおッ!」




  〜○〜



 
 肉体的にも精神的にも疲れたので救護室に向かう。事情を話せば休むところくらい貸してくれるだろう。六課の中でも比較的常識人なシャマルさんならきっとわかってくれるはずだ。シュンという音を立ててドアが開いたのを確認し、一呼吸置いてから声をかける。 


「失礼します」

「だからシャマルさん、あまり密着しないでください。胸があたってます」

「いいじゃないですか恭也さん。誰も見てないことですし。あと、あててるんです♪」

「いやさっきから誰かがこっちに向かってくる気配が……っティアナ嬢! 落ち着いてまずは話を聞いてくれ!」


 ドアを開けるとそこは桃色空間でした。


「ああもう! シャマルさんいい加減離れてください!」

「あれれ〜、どうして顔が赤くなってるんですかぁ? あ、もしかして気づいちゃいました? 私今」


―――つけてないんですよ?
 
 あ、すごい。人間が石化するってこういうのなんだ。生で初めて見た。硬直する恭也先輩に身を摺り寄せながら、シャマルさんは女のあたしでもゾクリと来るような笑みを浮かべ、囁いた。


「さらに言うならですねぇ」


―――はいてませんよ?
 





 とりあえず気がついたら自室に戻ってました。なんだか時間がすっ飛ばされた気がしますが気にしません。永遠の絶頂? だから知りませんってば。もう疲れました。今日はこのまま泥のように寝ます。明日もこんな感じなのかなぁ。



 
あとがきという名の(ry

 シャ や エ な
posted by TRASH BOX at 23:27| Comment(9) | TrackBack(7) | 三次創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんというストレイト・クーガー
このエリオは間違いなく世界を縮める
Posted by ce at 2007年05月14日 00:24
なにやってるのシャマル、シャマルなにやってるの!?
シャマルはやっぱり(ry
Posted by おおかみ at 2007年05月14日 01:05
なのはさん妖々夢やってるんですか。
なのはの弾幕だったらLunaticどころじゃなさそうですが。イメージは絶え間なく撃たれるマスタースパーク。

そしてシャマルがいい! 弄られるのもいいけど、こういうシャマルもやっぱりいいですね。
Posted by SMPA at 2007年05月14日 01:26
ニコニコ動画のネタだな
Posted by 葉月 at 2007年05月14日 14:17
力尽きたように倒れ伏すSMP@さん…

すぐ傍に書かれた 『シャ や エ な』の文字…


「そうか謎が解けたぞ!これはつまり『シャマルはやっぱりエロいな』というSMP@さんのダイイングメッセージだったんだよ!」

「「「な、なんだってー!」」」

「それは本当かキバ○シ!?」

「あぁ、間違いない。それにこのメッセージに気づいたのは我々だけではない。現に↑でうかつな書き込みをしたおおかみさんがリンカーコアをブチ撒けられている…」

「大変だ!早く医務室へ!」

「俺達は…何もかも遅すぎたんだ…」




これはカオス過ぎるだろ常識的に考えて…
だんだんティアがかわいそうになってきましたよ?ww

つ、次は誰だ! ドコからカオス空間が襲ってくるんだっ!? 私の傍に近寄るなァー!!

そしてティアナ・ランスターは、考えるのをやめた。

とならないことを祈っております
Posted by おひねり at 2007年05月14日 23:41
> ce さん
わしのクーガーフォルダは1.08GBまであるぞ。
それにしてもこの新人たち、ノリノリである。

> おおかみ さん
あててる つけてない はいてない ……もうね! もうね!! 白衣がデフォの時点でEROすぎだよね!!

> SMPA さん
「じゃあ、いくよ?」
――――全力全開「ノンディレクショナルファイナルスパーク」

\(^o^)/


他になのはさんの所持しているスペカは
殲滅「フォーオブヴォルケイノ」
外道「ホワイトデビル」
絶望「無限の超高速百万鬼夜行」
ってところだと思う

SMPとしてちょっとがんばってみた。暖かい声援ありがとう。これからもこんなシャマルを書いていきたい。

> 葉月 さん
うん、そうなんだ。すまない。でも勘違いしないでほしい。ウチが一番スクライドネタで書きたかったのは、ジグマールなキャロだってことを! それにつけても、あちこちでクーガーなエリオを見てると最後まで彼が生き延びてくれるか心配になってくるよね?

> おひねり さん
シャマルさんがエロいのは、(中略)ノストラダムスの予言で定められていたことなんだよ! >Ω ΩΩ

……はぁ、だから嫌なんですよ。いくら抵抗しても無駄なのに、無駄だから嫌いなんだ。無駄無駄……
つまるところティアナには、早く適応するしか道はないんです。あとこれからもガオン! ってカオス空間は襲い掛かってきます。


書いていて気づいた。ティアナを書いていれば陰性の話にならない、と。黒いのが苦手な人は、SMP@がこれからもティアナを書き続けられるようにウチの不憫なアス、もといティアナを応援してやってほしい。
まあ書くときは黒いの書くんですが
Posted by SMP@ at 2007年05月15日 12:41
http://jbbs.shitaraba.net/otaku/9513/

アーカイブ辿って、入れなくなってる三次創作まとめサイト先にあった掲示板のurl発掘してきました。
「大岩咲美」氏が投稿所に関してなんらアクションを起こしてくれないし、他の人とも連絡取れてない状況が続くよりかはマシかと思って貼り付けてます。
というか、「鏡の世界の迷子の旅路」とか作品が読めなくて困ってるので「小閑者」さんとか連絡欲しいですおすし。
Posted by 投稿所に入れなくて困ってる閲覧者 at 2014年03月29日 02:07
以前に貼り付けた旧トラボ掲示板は新しいスレッドも立てられないような状態だったので個人的に作りました。

無断転載となりますが、「小閑者」さまの「鏡の世界の迷子の旅路」も投稿しております。
Posted by 投稿所に入れなくて困ってる閲覧者 at 2015年06月14日 23:16
本当はいけないんだろうけど、ふとここの作品が読みたくなったので助かります!
Posted by at 2016年03月10日 03:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 色空間色空間(いろくうかん)とは、色を数値(チャンネルと呼ぶ)の組み合わせによって表現するための方法。英語のColor Spaceからカラースペースともいう。また、色空間が表現できる色の範囲を色域とい..
Weblog: 精神医学ってすごい?
Tracked: 2007-09-13 14:07

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 14:42

助かった。。
Excerpt: 9Va4ZT3s ヤリまくったら500マンなんか一瞬やったわぁ〜ww てぃんてぃん腫れたけど、デカくなったし別にええわw http://wiiwi.net/yutori/9Va4ZT3s/9Va4ZT..
Weblog: 借¥地獄から脱出
Tracked: 2008-03-09 19:24

あっちーーーー!!!!!!
Excerpt: 人生初のSМやっちゃいましたw つってもプチSМですが(^−^; 僕は痛いの嫌いなのでS役。 М女をたっぷり調教してやりましたよw しゃぶらせながらムチでビシビシするのは何とも言えない快感でした・・・..
Weblog: まあむ
Tracked: 2008-09-23 04:44

びひゃあぁぁぁぁぁい!
Excerpt: こないだ女にロー夕ーと電マ持って来させてマムコを集中攻撃したよ(`・ω・´) スゲエ声でアンアン言いまくって、もの凄い勢いで9マソくれたよwwwwww 寝て稼ぐのもいいけど、たまには攻めるのもアリだよ..
Weblog: コンプ
Tracked: 2008-10-04 18:59

すぐオッキwwww
Excerpt: サイト見て興味あったから、工口ゲ買いに行くついでに見せてきた(`・ω・´) 結局盛り上がっておしゃぶりしてもらったんだけど7マソ貰えてビビったwww 工口ゲ代だけ貰うつもりだったのにプラスになりすぎて..
Weblog: こけし
Tracked: 2008-10-18 21:29

試写室にてwww
Excerpt: お互い家でするのは嫌だし、ホテルってベタだし・・・試写室でヤってきたww スリルあるし密室感あるし普通よりスンゲー興奮したwwwwww 女もスゲエ濡れ濡れで何回もイってたしw おかげで10マソも貰えた..
Weblog: 暴走
Tracked: 2008-10-25 02:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。